三浦悌二論文集 第三巻(1965-73)目次

1965(昭和40)

1 恙虫病の感染様式に関する研究 その1R.orientalisのフトゲツツガムシへの移行について
豊川行平、山本俊一、及川淳、三浦悌二、加納六郎、熊田信夫、金子清俊、宮本健司、清水文彦、橋本稚一、勅使河原正男、北岡正見、宍戸亮、浅沼靖
日本公衆衛生学雑誌 12巻1965

1966(昭和41)

2 コウモリ類と日本脳炎ウイルスとの疫学的関係に関する研究
豊川行平、三浦悌二、宇田川輝
40年度文部省研究報告集録(医学及び薬学)  
3 温度とコウモリの心拍数の関係(こうもり通信)
三浦悌二
こうもり通信 第3号 1966.2.1
4 ウイルス病とその予防
三浦悌二
学校保健研究 第74号 昭和41年3月
5 こうもり類と日本脳炎ウイルスとの疫学的関係
豊川行平、三浦悌二、宇田川輝
日衛誌 21(3)1966
6 Studies on the role of bats in the epidemiology of Japanese encephalitis.
T.Miura, S.E.Sulkin, K.Toyokawa, R.Allen, R.A.Sims
THE 11th Pacific Science Congress, Tokyo, 1966 Proceedings Vol.8
7 Serologic survey for neutralizing antibodies to eastern equine and western equine encephalitis viruses in man, wild birds and swine in southern Mexico during 1961.
W.F.Scherer, C.CampilloSainz, J.DeMuchaMacias, R.Rubio-Brito, T.Miura, R.W.Dickerman, D.W.Warner, M.Dyer
American Journal of Tropical Medicine and Hygene Vol.15 No.2,1966 p.211-218

1967(昭和42)

8 コウモリ類と日本脳炎ウイルスとの疫学的関係に関する研究
豊川行平
41年度文部省研究報告集録(医学及び薬学)    
9 恙虫病の感染様式に関する研究(7)恙虫へのリケッチア移行率
豊川行平、三浦悌二、及川淳、黒子武道、河合克仁、加納六郎、金子清俊、宮本健司、清水文彦
日衛誌 22(1)、1967
10 日本脳炎研究の疫学における発展
三浦悌二
神経研究の進歩 医学書院 第11巻 第2号 昭和42年8月25日
11 日本脳炎の越冬―コウモリについて
三浦悌二
第9回日本熱帯医学会総会  
12 アジアにおけるリケッチア症―つつが虫病の感染経路
三浦悌二
第9回日本熱帯医学会総会  

1968(昭和43)

13 「簡明衛生公衆衛生」
豊川行平、菊池正一、山本俊一、三浦悌二、野牛弘、西川愼八、大場義夫
南山堂  
14 コウモリの保有するウイルスと日本脳炎ウイルスとの関係
豊川行平
42年度文部省研究報告集録(医学及び薬学) UDC 599.4  
15 コウモリとアルボウイルスとの疫学的関係
豊川行平、三浦悌二、宇田川輝、長橋捷
日衛誌 第23巻 第1号1968年4月
16 恙虫病の疫学的研究(1)有毒地への住民の接触
豊川行平、三浦悌二、長橋捷、河合克仁、越部智彦、寺邑誠祐、児玉栄一郎
日衛誌 第23巻 第1号1968年4月
17 日本脳炎感受性の年令的差異
三浦悌二
日本伝染病学会雑誌 第41巻 第13号 昭和43年3月
18 伊豆半島および千葉県鋸山における越冬蚊採集成績
和田芳武、三浦悌二、神谷正男、豊川行平
衛生動物 第19巻 第1号 1968年3月
19 日本脳炎の越冬―コウモリについて
三浦悌二
  第9巻 第1号 1968
20 アジアにおけるリケッチア症―つつがむし病の感染経路
三浦悌二、河合克仁
  第9巻 第1号 1968
21 マウスにおける年令と日本脳炎ワクチンの効果
 
     
22 開拓地の人口問題(1)千振の将来人口
三浦悌二
公衆衛生 第32巻 第6号 昭和43年6月15日
23 開拓地の人口問題(2)開拓地将来の人口問題
三浦悌二
公衆衛生 第32巻 第8号 昭和43年8月15日
24 日本脳炎の疫学
三浦悌二
日本医師会雑誌 第60巻 第11号 昭和43年12月1日

1969(昭和44)

25 実験的日本脳炎における感染ウイルス量と発病の関係
三浦悌二、宇田川輝
日衛誌 第24巻 第1号1969年4月
26 恙虫病の疫学的研究(2)住民の生活差と有毒地立入り状況
豊川行平、三浦悌二、河合克仁、長橋捷、寺邑誠祐
日衛誌 第24巻 第1号1969年4月

1970(昭和45)

27 脳炎ウイルスの感染―発病に及ぼす華麗の影響
三浦悌二
   
28 日本脳炎ウイルスの越冬問題 3)コウモリについて
三浦悌二
第9回日本熱帯医学会総会シンポジウム記録 1967年
29 Studies on arthropod-borne virus infections in chiroptera. VI. Isolation of Japanese B encephalitis virus from naturally infected bats.
S.E.Sulkin, R.Allen, T.Miura, K.Toyokawa
The American Journal of Tropical Medicine and Hygene Vol.19 No.1,January1970 p.88-93
30 Studies on arthropod-borne virus infections in chiroptera. VII. Serologic evidence of natural Japanese B encephalitis virus infections in bats.
T.Miura, K.Toyokawa, R.Allen, S.E.Sulkin
The American Journal of Tropical Medicine and Hygene Vol.19 No.1,January1970 p.88-93
31 恙虫病の疫学的研究(3)患者の性・年令別発生数と有毒地への立入り状況
長橋捷、河合克仁、三浦悌二、豊川行平、寺邑誠祐
日衛誌 第25巻 第1号1970年4月
32 都市における急性心臓死の疫学的検討
倉科周介、三浦悌二、和田攻、豊川行平
日衛誌 第25巻 第1号1970年4月
33 日本脳炎ワクチンの力価測定方法―マウスの抹消感染による直接攻撃法
三浦悌二
日衛誌 第25巻 第1号1970年4月
34 「現代医学の展望」衛生学からみた医学の将来
三浦悌二
南山堂 1970
35 東京大学附属病院組織改革の問題点(覚書)(1970年2月10日)に対する追加要望
三浦悌二
東大病院組織改革準備委員会報告書 1970年5月
36 エコノモ脳炎
三浦悌二
MEDICO 2(1)1971
37 A new method for a potency test of Japanese encephalitis vaccine. Direct challenge method on suckling mice by subcutaneous inoculation.
T.Miura
Bull. Org. mond. Santé Bull. Wld Hlth Org. 1970、43、553-557

1971(昭和46)

38 日本脳炎(B型)とEconomo型脳炎(A型)
三浦悌二
臨床雑誌「内科」 第27巻 第3号(昭和46年3月)
39 実験的日本脳炎感染症におけるDose-Responseの関係と加令の影響
三浦悌二、宇田川輝、竹尾恵子、豊川行平
日衛誌 第26巻 第1号1971年4月
40 恙虫病の疫学的研究(4)秋田流行地に於ける近年の感染野鼠及びツツガムシの動向
河合克仁、竹尾恵子、長橋捷、三浦悌二、豊川行平、寺邑誠祐
日衛誌 第26巻 第1号1971年4月
41 感染症の発病におよぼす年令の影響の解析
三浦悌二、長橋捷、河合克仁、竹尾恵子、浜野輝、豊川行平
45年度文部省研究報告集録(医学および薬学Ⅰ)  
42 公害系の生態
三浦悌二
社団法人 土地改良建設協会 No.44
43 ヒトの日本脳炎感受性におよぼす出生季節の影響
三浦悌二、町田和彦、柳井晴夫、緒方隆幸
日衛誌 第27巻 第1号(1972年4月)
44 ヒトとウマの日本脳炎をめぐって
三浦悌二
保健の科学 第14巻 第8号(1972.8)
45 Inhibitors of western and Venezuelan equine encephalitis viruses in cattle sera from Hawaii.
W.F.Scherer, W.C.Reeves,J.L.Hardy, T.Miura
The American Journal of Tropical Medicine and Hygene Vol.21 No.2,March1972 p.189-193
46 日本脳炎ワクチンの効力測定法―乳のみマウスの静脈内感染による直接攻撃法について
三浦悌二、竹尾恵子、江間実
日衛誌 第27巻 第3号(昭和47年8月)
47 水俣病
三浦悌二
現代医療 Vol.5 No.1(1973)

1973(昭和48)

48 日本脳炎における腸出血の研究
江間実、三浦悌二
感染症学雑誌 第47巻 臨時増刊号
49 ヒトの日本脳炎感受性におよぼす出生季節の影響(第2報)
三浦悌二、江間実、竹尾恵子、町田和彦、緒方隆幸
日衛誌 第28巻 第1号 1973年4月
50 日本脳炎と農薬
町田和彦、三浦悌二、竹尾恵子
日衛誌 第28巻 第1号 1973年4月
51 日本脳炎ウイルスの越冬に関する問題
三浦悌二
東京医学 第81巻 第1号 1973年5月
52 日本脳炎における腸出血の研究
江間実、三浦悌二
感染症学雑誌 第47巻 第9号 昭和48年9月20日

1974(昭和49)

53 培養コウモリ胎児心組織の振動数と温度との関係
三浦悌二
医学と生物学 第89巻・第4号・1974年10月10日

著作 及び資料へ戻る

コメントは受け付けていません。